イングランドの丘

ラビットワーレン

日本最多 世界のうさぎ大集合!

淡路ファームパークイングランドの丘で人気の『うさぎのくに』が、2015年3月に屋内型ふれあい施設を増設し、リニューアルオープンしました。新施設の名称は『ラビットワーレン(うさぎの巣穴)』。世界各国のうさぎ達と出会うことができます。展示品種数は日本最多となり、国内では稀少な品種のうさぎも揃います。

※ARBA(American Rabbit Breeders Association)認定品種
48品種のうち8品種の展示となります。

動物スタッフブログ

建物の紹介

館内図

うさぎのくに&ラビットワーレンのなかまたち

ネザーランドドワーフ

原産国:オランダ 特徴

体重は約1kgと、一番小さな品種の一つであるうさぎ。からだの小ささと、丸くて大きな顔に小さい耳が魅力的。カラーバリエーションも多く(30種類以上)、日本ではホーランドロップと人気を二分する人気の品種。

フレミッシュジャイアント

原産国:ヨーロッパ 特徴

一番大きな品種の一つであるうさぎ。うさぎとは思えない大きな体(10kgを超える個体もいる)と長い耳が魅力的。
もともとは食用に大きく改良された品種だが、性格も温厚で、賢くふれあいに向いている。

日本アンゴラ

原産国:日本 特徴

ふわふわの白い毛と、赤い目が魅力的。大正時代に日本で品種改良され作られた品種。戦時中は、被毛が重宝され、またウサギブームも相まって、一時は60万頭も飼育されていた日本アンゴラだが、今展示飼育しているのは当園と六甲山牧場のみというとても珍しい品種。

日本白色秋田改良品種

原産国:日本 (秋田ジャンボウサギ) 特徴

真っ白な毛と、赤い目、大きな体と立派な耳が魅力的。明治時代に秋田県で品種改良され作られた品種。元々は日本白色という日本産の品種を食用に大きく改良されたのだが、地元秋田ではペットとして飼育する家庭も多く、大きさと美しさを競うコンテストも毎年秋に開催されている。

イングリッシュアンゴラ

原産国:トルコ アンカラ 特徴

長毛種の小型犬のような風貌が特徴的。約10cmもある長いシルキーな手触りの被毛と、4品種あるアンゴラの中で唯一顔に飾り毛があるのが魅力。

ネザーランドドワーフ

原産国:イギリス 特徴

大型の垂れ耳うさぎ。驚くほど長い耳が特徴で、長さが70cmを超えるものも珍しくない。また、一番初めに誕生した垂れ耳うさぎで、フレンチロップやホーランドロップ等の元になったうさぎとして知られている。温厚で人懐こい性格。

サテン

原産国:アメリカ 特徴

光を反射するクリスタルガラスのように輝く美しい被毛を持つ。サテンファーと呼ばれる透き通るような毛幹は、全体をより明るく見せる色素の微粒子を作る。そのため、ノーマルファーの品種と比較して、サテンファーの毛の色は透明なガラスのように光を反射することから、よりきらきらと輝き独特な印象を与える。

ネザーランドドワーフ

原産国:アメリカ ニュージャージー州 特徴

ネザーランドドワーフのような小型種のかわいらしさと長毛種の優雅さを兼ね備えたウサギ。公認されているカラーも豊富で短毛種のカラーと違って優しい淡い色合いであることや、控えめでのんびり甘えん坊な性格が魅力的。

アメリカンファジーロップ

原産国:アメリカ 特徴

最小の垂れ耳品種の一つ。名前の由来となった「ファジー」と称されるふわふわの綿毛の固まりのような容姿。つぶれた愛嬌のある顔にコンパクトで丸いからだつきがぬいぐるみのようで可愛い。性格は、優しくおだやかで好奇心旺盛な反面、シャイなところもあります。

ホーランドロップ

原産国:オランダ 特徴

最も小型の垂れ耳品種の一つ。愛嬌のある丸く大きな顔に、スプーンのような可愛らしい耳が特徴的。また、頭頂部から後頭部に、クラウンと呼ばれる太い帯状に毛の盛り上がった部分があるのも特徴の一つ。